2019年2月15日金曜日

撮影成功!!

 撮影に成功した!!

 エゾユキウサギ

 町道から我が家に入る入り口通路の白樺にセットしたトレイルカメラにエゾユキウサギが映った!

 夜中なので赤外線撮影で白黒映像だが、カラーにしてもほとんどかわらない。

 赤外線ライトが強すぎたのか背景が白い雪の影響でウサギの白が飛んでしまったのが残念。それでも枝をモグモグ食べる様子はわかる。最後にはウサギだとはっきりわかるし。



 しかし、もう少し冬毛のモコモコ丸々なウサギを期待していたのだけれど・・・足なんかが痩せ過ぎ(?)でおばあさんみたいな印象だな。

 最近は通路よりも庭に足跡があちこちに残っているのでカメラを庭に移動したが果たして撮影に成功するか!?

● あにまる絵日記にて写真も掲載[ No.43 ][ No.44 ][ No.91

(撮影/2019.2.4 23:28)

 カメラは先日の極寒の -25℃ 中でも動いた。ちなみにメモリーも動作環境が -25℃ までの物を使っている。

2019年2月5日火曜日

お見合い破談!?

 じゃなくて

 お札破断!!


 綺麗に分離しよった!

 セルフスタンドのマシンから出てきたお釣りの千円札を取ろうとして引っ張ったら ミシン目が入っているがごとく見事に「ビリッ!」 というか 「パリッ!」と半分だけ取れた! あれは破れるじゃなくて割れる感覚だったな。

 クッキングペーパーをトースターやオーブンで焼いたあとのパリパリ感と同じだった。

 氷点下10℃近い所に1枚だけ乾燥していたのか?? 他の札は普通に取れた。

 あ〜あ、銀行に交換に行かなくては・・・めんどくせ〜

 しかし、スパイ映画の割符みたいだな

2019年2月4日月曜日

我が家のLED化

 遅まきながら我が家の電球の大半をLED電球に替えた。

 停電時の発電機への負担を減らす目的もあるが、実のところこの負担軽減はいまのところほとんど期待出来ない。なぜなら生活するなかで一番使っているであろう居間の蛍光灯がLED化出来ていないからである。

 LED化出来ていない所は居間、和室、寝室の各シーリング蛍光灯。直管タイプの蛍光灯とリングタイプの蛍光灯の器具だ。和室と寝室は使用頻度が低いので替えても替えなくてもほとんど影響はない。本当は一番電気の消費量が多いであろう居間のシーリングライトを真っ先に交換した方が良いのはわかってはいるのだけれど・・・

 居間の蛍光灯は斜め天井から鎖で釣り下がっているシャンデリアタイプ。平らな天井に直付けされている和室や寝室のタイプは多種多様な物が売れらているから替えようと思えば直ぐにでも変えられるが、鎖で吊り下げるタイプの選択肢はあまり多くない(見つけられないだけかもしれないが)。加えてデザインが気に入る物がないから交換することが出来ない。

 替えたいけど替えられない・・・なかなかのジレンマである。

2019年1月28日月曜日

我が家の防災対策

 2018年9月6日の平成30年北海道胆振東部地震を機に始めた我が家の防災対策がようやく一段落した。

 全道ブラックアウトを機に今まで高額を理由に躊躇していた発電機の購入をやっと実行。最低でも冷蔵庫、暖房用ボイラーの運用が常時可能な発電量が賄える物で2800kwのインバーター発電機をチョイス。ちょっと高かったが・・・

 次は設置。

 発電機を家に直接繋げる為の電気工事。これは電気屋に依頼して北海道電力と発電機を切り替えるスイッチを付けてもらう。

before


after 右が新設された配電BOX


配電BOXの中
レバーを上にすると北海道電力から給電、下にすると発電機から給電
写真は発電機から給電状態


 配電BOX設置の次は発電機の設置場所の確保。条件としては最悪の天候時にも使える事。台風や暴風雪の時でも使えることが条件だ。

 場所は玄関前のデッキと決めているので、雨や雪を防ぐ為に簡易な風除室的な物を作る。

before


after 白いものは換気扇フード


before


after


 排気が充満するリスクを回避する為と酸欠を防ぐ為に完全には塞がず、上部には隙間、換気扇の設置、発電機の排気を囲いの外に強制的に誘導。これだけやっても発電機を動かすと囲いの中の空気は結構宜しくない状態になるが今の所はこれが限界か。

 で、ようやく囲いが完成し発電機を据え付け、試運転を連続6時間程したが表面上問題なく運用できた。排気ガスが家の中に入ってくる気配もなく(風除室には侵入されてしまったが)、テストは日中だったが冷蔵庫、暖房用ボイラーも正常に動き、テレビを見ても大丈夫だった。ケルトも使ってみたが問題なさそうだった。流石にレンジを使う勇気はなかったが、余分な電気を使わなければ非常時には停電を回避することができるだろう。

発電機から右の伸びているのはマフラーからの排気を囲いの外に誘導する管


 発電機を買うのと合わせて非常食27食(10年保存)と水15年保存2L×29本と乾電池を調達。カセットコンロと予備ガス缶はもともとある。





 ま、これだけあれば一人で数日はしのげるだろう。

 実際のところ使う機会がないことを祈るばかりではある。10年後に非常食の試食をするのが楽しみだな。

2019年1月22日火曜日

楽天モバイルに詐欺られた! その後

 20日に楽天モバイルから返金するからとメールが来たが、私的には今更感ビシバシ。6日に返金はできないとメールが来て2週間たってこのメール。

 邪推して「事の顛末をブログに書かれたのをヤバいと思って手のひらを返した!」ともとれる。

 楽天モバイルには不信感しかないので返金の為に私の銀行口座を教えるのは嫌だ! なので、額も大した事はないので返金は断った。

 返金をするならば初めから返金する対応をしておけばいいものを、一度拒否してから手のひらを返す対応はいただけないな。

2019年1月17日木曜日

楽天モバイルに詐欺られた!


旧FREETEL(現・楽天モバイル)の「使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)」データ専用のSIMを使っている。

一定の条件下で利用料が割引されるキャンペーンの適用を受けていたが、その条件は通信量“100MB”以上使うと適用されるもので、FREETELのマイページにも赤字でしっかりと明記されていた。

だから“106MB”使用して割引が適用されるだろうと思っていたら、キャンペーン期間の途中から適用は“110MB”以上に変更になっていた。

その変更はメールで告知されていたようだが、切り替えが実施された後でもマイページには“100MB”と赤字ではっきりと明記されたままだったので、それを見て私は「100MBで大丈夫だな」と認識して106MBで使うのを止めていたら“110MB”以上使っていないので割引適用外の料金を課金されてしまったのだ。

「マイページには100MB以上と赤字でハッキリ明記されているから106MBで適用にならないのはおかしい」と楽天モバイルにクレームを言ったが、楽天モバイル側はマイページの表記を直さなかったミスを認めはしたものの差額の返金には応じなかった。

ひらたく言えばマイページで虚偽の表記をしてそれを信じた馬鹿からは高い料金をふんだくったのである!

ミスを認めておきながら平気で詐欺行為を働くのが楽天モバイルのようである。